胃がんとの見つめ合い|ガン治療で綺麗な胃を見つめ直す。

Doctor

胃がん早期発見で治療

医者

胃がんというのは、昔から発症する人が多かったですので、日本では胃がんの研究というのが急速に進められてきたのです。その結果、進歩する事ができたのです。胃がんは、胃の不調が主な症状になっており、さらに病変の切除が主な治療になってきます。

Read More

発症したらすぐ病院へ

病棟

胃がんは文字通り胃がんに侵されることを言います。胃がんの症状が出たと少しでも感じた場合は、すぐに病院に行き検査を受けましょう。検査結果で胃がんと診断された場合は、その症状に適した胃がん治療を薦められます。胃がん治療と一口で言ってもいくつかの治療方法があるので、自分に適した方法で治療していきます。初めて胃がんにかかった人であれば、治療方法や治療内容の具体的な内容までは分からない部分も出てくるので、担当医に詳しい話を聞くようにしましょう。

日本人の発症しやすい病気はガンになります。ガン治療されている方全ての中で、一番患者数が多いのは胃がんになります。治療用法はいくつかに分けられます。症状にもよって異なりますが、手術や抗ガン剤治療、放射線でガンを取り除く方法があります。ですが確実な治療法は手術になります。末期なのかガンの範囲や深さにより、手術も変わってくることもあります。日本の胃がん治療法はトップレベルであると認められています。早期にガンを発見し治療を行えば生存率も高くなることもあります。

抗ガン剤治療は、名前の通り薬で胃がんを和らげる治療法になります。手術で全て切除できなかったガンを、転移しないよう再発から防いでくれます。さらに今後の再発防止の治療になります。以前では、抗ガン剤治療ではあまり効果が効きにくいとされてました。最近では、胃がんを発症してしまい手術ができない人が、抗ガン剤治療と放射線での治療で回復したとされています。胃がんを発症しても死亡率が下がったと結果で分かっています。

転移させないがん

病棟

転移したら命取りと言われているのが、癌という病気です。しかし、癌は決して治らない病気ではありません。病気を治すには、その生活習慣を見直さなければいけないのです。癌の世界にも予防医学の考え方が浸透し始めています。

Read More

こわい心筋梗塞

医者

心筋梗塞は、血栓が心臓の血管を詰まらせて起こります。早期発見できれば、血栓を溶かす薬が効きますが、進行すると手遅れになります。食事と運動が予防のカギになります。善玉コレステロールを増やす生活習慣をこころがけましょう。

Read More

Copyright (c) 2015 胃がんとの見つめ合い|ガン治療で綺麗な胃を見つめ直す。 All rights reserved.