胃がんとの見つめ合い|ガン治療で綺麗な胃を見つめ直す。

医者

転移させないがん

まず癌の原因を絶て

病棟

癌という病気は恐ろしい病気で、転移したら命は助からない、世の中そのように信じている人が大勢います。しかし、ある程度の医師は、その考えに否定的です。癌は完治できない病気ではないからです。癌は、よく虫歯に例えられることがあります。虫歯を放置して、更に虫歯になりやすい生活を続ければ、隣の歯も虫歯になります。この次々と虫歯が広がっていく様子が、癌の転移に似ていると言われています。虫歯を治すためには、適切な治療をして、虫歯にならない生活を送ることが大切です。このことは癌の治療にも当てはまります。病気の治療と同時に原因となる食生活を改めない限り、転移の可能性は尽きません。先ずは、病気の元をしっかり改善することが重要なのです。

食生活の見直しの重要性

癌は生活習慣病であるとされ、普段の生活の中にその原因があります。病気の再発や転移を防ぐにはその習慣を改める必要性があります。その最たるものは、食生活が大きな割合になります。多くの病気が、普段の食生活が原因とされる中、癌も例外ではありません。最近では、進歩的な考えの医師は、患者の食生活への指導も積極的に行っています。薬や理学療法が進歩したと言っても、普段の生活で病気の原因を作っていては、本末転倒と言えます。治療に至る前に原因の除去、その考えが主流となりつつあります。原因となる食生活を改めることで、転移した癌も完治に至った例も報告されています。癌の世界も予防医学という考えに基づいた治療が行われるようになってきました。

Copyright (c) 2015 胃がんとの見つめ合い|ガン治療で綺麗な胃を見つめ直す。 All rights reserved.